読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゔぁみゅーだとらいあんぐる

雑記帳です。ほんとうにノリと勢いだけで何でも書きます。タイトルは作った翌日に先輩につけてもらいました。

特急しなの号の車内にて。

雑記

年が明けた。5日も経ったのか。年が変わる実感を、年々感じなくなっている。忙しいからだろうか。

 

年末年始は必ず父方の祖父母の家で過ごす。長い休みを組みやすいときに行かないと、どうも行きづらくなってしまうし。

 

ぼくにとって祖父母の家は戦場と言ってもいい。2人は別に普通に過ごしているようだけど、聞いたところでは祖母は目と足腰が著しく悪いようだし、祖父の胃は半分になっているはずだ。はっきり言って、ぼくが小学生だった頃の彼らのようになんでもできる大人とは言い難い。若くて元気なぼくは一挙手一投足に注意を払わなければならない。彼らが嫌がらない形で。おばが嫌がらない形で。両親が嫌がらない形で。狭い空間にいくつもの何重もの視線と期待があって、窮屈で、何日もいると耐えられなくなる。大体、どこかに蕁麻疹を作って帰ってくる。(でも、祖父母や叔母といると楽しいこともいっぱいあるし、やっぱり行きたい場所なんだよね。それはそうなのだけれど、という話。)

 

難波から2時間ちょっと、何度かしか降り立ったことのない名古屋駅で乗り換えて、中津川を過ぎると、一気に山中の景色に車窓が変わった。初めての路線を通るときは寝るか車窓を眺めるかに限る。南木曽という駅少し手前から、川の向こう側に学校が見えた。

 

学校ってどこにでもある。やっぱり、公立の教員って大変だなあ。たぶんここはもう長野県だから、それまで松本市街に勤めていても、辞令ひとつでここまで来なければならない、いや、住まなければならない。そういう生活も楽しいのかなあ。都市に当たり前のようにある施設の多くはここにはないだろうし、ここに住んじゃったら家と学校といくつかのお店にしか行かなくなるんだろうなあ。

 

鶴橋の高架に出たところだったり名古屋駅の手前だったり、そういう都市部との車窓の見え方の違いは家屋が一軒ずつ数えられるかどうかな気がふとした。都市部の情景を見て家を数える気にはならないけど、山間部だと「あんなところに家がある」だったり「あの家の屋根不思議だなあ」だったり、それぞれの家に目が向いてしまう。あそこの家の人が川の向こう側の人っ気のないところにある看板を立てた人かもしれないし、そこの家の人は駅前の書店の人かもしれない。

 

なんか窮屈な気がして、ぼくはこういうところで過ごせる自信がないな、と思う。やっぱり逃げ場がないとぼくは生きていけないのかも。

 

そう考えると、2016年は自分も少しずつ目立つようになって、いや全然目立ってないんだけれども、でもただの、匿名の大学四年生ではいられなくなった。それは(こっちの方を強調したいけれど)ある意味ではとてもありがたいことだ。でももう、自分の本名でぐぐると正体がバレてしまうようになった。何をやっている人なのか、周りから見てもはっきりしてきているんだと思う。あんまりもう逃げ場はない。

 

寝雪が見える地域に入ってきた。2017年の始まりは、お返しのための長野遠征。

先輩と旅行へ行って体調を崩し、晩に帰ってきてユーフォ一気見した。

感想

タイトルの通りなのだけれど、ガバガバな卒論を提出してからはや二週間。いろいろなことをしつつ、しかし考えていたことはいくつかしかなかったので、一旦まとめて年の瀬を味わいたい。自意識マンっぷりが発揮されるかもしれない。

 

初めて2日で300kmくらい走る旅行をした。車だよ。結果的に、だけど、富士山の周りをぐるっと一回まわったんだよ。後になってびっくりしたよ。

 

一緒に行ったのはぼくがすごく信頼している先輩方で、ほとんどのお世話を見てもらって楽しく過ごした。でも晩にお酒を飲んだら風邪ひいた。つらいけど治らないまま帰省です。あんまりうまく言葉にできる感じはしないけど、そこはノリと勢いで。

 

書きたいことの中心は『響け!ユーフォニアム2』の感想。具合悪いから早く寝なさいって別れた後に一気見した。毎回目に涙を溜めて見ていた気がする。ユーフォとの出会いは、「京アニだから」という理由で録りためてた1期を発掘した父がハマったことによってもたらされた。なので原作は読んでないし、劇場版は忙しくて見てません。以降、ネタバレを含むかもしれない。

 

  • まずは2期全体から、ぼやっとした感想

 

なんか大体、みぞれ・あすか・麻美子(・麗奈)が「本気になれない→本気になる」っていうプロセスが描かれているように受け取った。そういうプロセスの内側に位置づけられた久美子もそれに応じて変化していく、みたいな。

 

そのプロセスの描写によって、当たり前だけどそれぞれの生徒の背景というか「何を背負って、いまここで本気になっている/なれないでいるのか」ということが、(数人ではあるけれど)緻密に描かれている印象を受けた。言葉だけで表現されているのではなくて、仕草とか表情とかも含めてまずはそこにつながる感じがして、すごーいって感じ。ただ、作品を見るとか読むとかってそもそもそういうことじゃねって気もして、だとするとたまたまぼくがこの作品によってそういうモードに入っただけっていう感じもするんだが、いやぼくにとってはそれがすごーいのだよって話かもしれない。

 

さらにいうと、そこで描かれてる気持ちやその変化って、濃淡はともかくどこかで自分が見たことある/味わったことあるような気もして(心当たりありまくりなんだけど)、こういうことがあってもいいんだよって言われた気になった。そして同時に、まだぼくは若いのかな、なんて思ったりもする。このあたり、いくつかに限って、もうちょっと詳しく言葉にしておきたい。

 

  • あすかの描写から。

 

久美子の本心をまっすぐに伝えることで、あすかと久美子は特別な関係になったのかもしれない。けど、やっぱり麗奈と久美子のそれ(後述)とは全然違うように見える。のはなんでだろう。わかんないけど。

 

見てて思うのは、その、なにかって、部活的な何かへのコンプレックスが刺激されるよねーっていう。規模の大きい部活を途中でやめてしまったことが何回かある自分としては、なんかそこで過ごして、先輩と後輩でそういう関係になっていくっていうやつに憧れがあって。イブの夜に聞きにいった学生オーケストラでも、同じようなことが起こっているんだろうか。席を取ってくれたフルートを吹いていたあの人も、そういう中で大学生活を送ったのだろうか。なんて思ったりした。

 

特に大学受験を控えた生徒の部活をめぐる議論も、「進路につながらないならやめるべき」とか「本人がやりたいと言っているから続けさせてあげるべき」とか「迷惑かけるくらいならやめた方がいい」とか「それでも先輩と一緒にやりたい」とか、聞き飽きるくらい聞いたようなものだったけれど、でも最近職員室の方から学校を見るようになってきて、改めて同じことをぐるぐる考える。

 

  • 久美子と麗奈の不思議な関係について

 

1期では久美子が部活に本気になるプロセスが描かれていた。そのきっかけは麗奈と気持ちを合わせたことにあった。以前別の先輩(男性)少しやりあったことがあるんだけど、彼女らの関係は百合なのだろうか。その先輩は百合にしか見えない、毎回それを楽しみにしている、と言っていた気がする。

 

ちゃんと考えるなら百合ってなんだよってとこからだろう。女性同士の恋愛的な関係を百合って言えばいいんだろうか。裏返しはBL?そういうことでOK?まあいいや。少なくとも、そう断定するにはこっち側が多少想像しないと不可能なんじゃないか。本編の中で久美子は麗奈が恋人ではないって言ってるし、麗奈は滝先生ガチ恋なんでしょ。にしても、そういう想像が楽しいと言われればよくわかる。ただ、とりあえずぼくはそこに関心がないんだと思う。彼女らが恋人かどうかは置いておいて、ぼくは全然別の関係としてしか受け取れていない。

 

別に交際相手でも家族でもないけど、だから関係としては友達というべきなのかもしれないけど、個人的なことも含めて本心を素直に言えて、お互い結局は味方になれる、みたいな関係。ぼくには2人がそういう関係に見えているんですね(たぶん、このことは別に彼女らが恋愛関係にある可能性を排除しない)。どういう名前の関係なのかはわからないけど、こういう関係になったことのある人、確かにぼくにもいる気がする(顔が浮かぶ)。それってすごい特別なことな気がして、なんだか嬉しい。

 

ちょっと逸れるかもしれないけれど、みぞれの描写を見ていると、こういう曖昧な関係を求める気持ちや、さらにいうとそういう関係を裏打ちする何かが欲しいっていう感覚があるんじゃないかとも思う。それもそれですごくわかる気がする。なんか、片っぽが特別な関係だって信じ込んでて、もう片っぽはそう思ってないっていうケース、そうじゃなさそうってわかった時に拒絶された気になってすごく塞ぎ込むことも含めてありふれている気がする。

 

ふだん、ぼくはどうやってその辺のバランスをとっているんだろう。そして、どうやってそんな変な関係築き上げてきたんだろう。たぶん、恋愛みたいに明示的な契約によってではない気がするんだけど。

 

…とここまで書いて、夏のゼミ合宿のときこのことを酔いながら考えていた気がする。そういやあの人の卒論はどうなったんだろう。

 

梅原・結解「鉄道車両デザインの潮流をたどる」『鉄道ダイヤ情報』(2011年8月)

鉄道

 

後輩がドイツ語で書かれた謎の鉄道雑誌を持ってきたときから、だいぶ気になっている鉄道車両の顔のデザイン。どの時期にどういう影響関係があるのか整理できたら心地よいなあと思って、知識もないのに少しずつ雑誌を漁りはじめたところ。今回はその第一弾。ちなみにクリスマスに男たち数人と原鉄道模型博物館に赴いたので、なんかいまがホット。

 

効率的に文章を読む練習も兼ねたいなあと思っていて(欲張り)、読んだ印象をもとに原文もあまり確認せぬまま、移動中に浅い知識と少しのおつむを駆使して考えながら書くので、誤解等あればぜひご指摘をば。

 

<ポイント(覚えてる範囲で要約的な)>

 

セッテベロ(イタリア国鉄ETR300形)は国鉄151形や小田急初代ロマンスカー(3000形だったか)のデザインに強い影響を与えている。たぶん、ハイデッカーという形で。ただ、そうして流行ったハイデッカーというデザインには貫通扉が装備できず、実用面で限界が生じる。特に近鉄の特急車運用の仕方とかだと厳しいと。そうして、近鉄10100系C編成や国鉄581系のような特急車デザインへと中心が移行する。

その後、デザインに変化をつけたのは名鉄8800系(パノラマDX)やゆふいんの森(形式名忘れた!)などである。この源流はET91形(ドイツ国鉄、ガラス電車?だっけ?)のガラス張りのドームっぽい形状とNSEやLSEですでに実現していた前面展望にあるらしい。

 

通勤車においても貫通扉の有無がデザインのポイントとなった。

貫通扉を有する車両は、長らくその貫通扉の位置と運転士の視界や窓の大きさの問題を抱えていたが、営団6000系の登場によって状況は一変する。すなわち、貫通扉を三枚窓の中央の位置ではなく、ずらして配置したのであった。この前面非対称なデザインは実用性もあり流行したが、やはり車両間の行き来が難しい(貫通扉なんて非常口にしか使わないけど、だからこそここぞというとこで不便)という欠点から、例えばメトロ10000では貫通扉が中央にあったりする。

非貫通の国鉄通勤車の系譜は79形、101、103、201、205、209系と続く。79形のいくつかで試みられたのは前面窓を傾けることであった。101系、103系と前面窓に傾斜をつけるデザインが継承された。その後、その見た目を2枚窓の配置と黒いフチによって一変させたのが201系。テレビ電車でしたか、なんかそんなあだ名を聞いたことある。209は一枚窓だけど、201っぽい黒いフチで前面全体を一体化してる感出してるよね。

  

90年代以降の鉄道デザインにおけるキーワードは「一貫性」と「アウトソーシング」だったらしい。

「一貫性」の代表例は北総7000。ニュータウン開発のために新しく設置された会社が、駅のデザインやらなんやらと一貫したデザインを目指して、ゲンコツ電車を新造したらしい。なんか「ナール」のことも触れられてた気がする。

アウトソーシング」の代表例は100系。あまりこの辺り詳しくないしよくわからないけど、たぶん0系のときはどの部品・設備も専用のものを独自で作っていたものを、市販のもので代用することで価格も安く、目に見えるとこのデザインもよくした、ということなんだろう。

デザイナーを社外に求める動きにも触れられている。水戸岡氏はあまりにも有名だが、無駄がなく、デザインもいいんだって。

 

<所感>

なんか、触りに読むにはよかった記事だったなという感じがします。

が、痛感したのは自分の車両的な引き出しの無さ。地域とか年代とかを超えた知識がないとこういうのって十全に考えられないのかもしれないなと思った。あれか、真面目っぽく会社別の写真付き年表とか作ってみりゃいいのかな。ってかもうそれすごい車輌カタログでは。

そしてそんなことを考えていると、やっぱり自分の関心は通勤型にあるんだなという感じがする。模型もそうなんだけど、自分が触れたことも見たこともないような、そういう車両にあんまり興味が湧かなくて(だからなんでヨーロッパの電車に今更興味持ってんのかよく分かんない)、目の前で見たことのあるやつらについてもっと知りたいっていう欲を抱きがちなんだなあ。と改めて思いました。

 

色について触れられてないのはなんでなんだろう。と思いました。セッテベロって東北新幹線っぽくない?とか、国鉄特急色ってTEEじゃん?とか、なんかそういうことをもっと言われてもいいと思った。だからむしろ、運転台の位置とか窓の配置とか、先頭車の形状に焦点化して記事が組み立てられているのは、なるほどそういう視点で見ていけばいいのか、みたいな発見でもあったりした。

なんだろう、いまGMのキットをすごいゆっくりなペースで作っていたりするわけですが、そういうことを通して得られる視点みたいなのあるよね。屋根上の機器の色の違いとか形状の違いとか、そんなこと作ろうと思うまで気づかなかったもの。

趣味は趣味だけど、そういうのが最近楽しいな。

 

次何読もう。まずはカタログ作りか~?でも撮りに行く気ないしねぇ。

はじめに。

メタ

いろいろなものに触れたこと、その時思ったことを残して置くために、ひさしぶりにこういうことがしたくなった。

 

ノリと勢いだけで後先考えず(できるだけ陽気に)続けられたらなあ。

続くのかなぁ。

続かなくてもいいか。

 

何か目標がないと読まないというときもあるし、いや、そういうのじゃなくて読むときもあるけれど、うん。とりあえず何でも書いておけるところがほしいの。たぶん。

 

というわけで、自分の気持ちに素直になって、やってみます。